愛知県アスレティックトレーナー連絡協議会

Aichat:Aichi Athletic Trainers council

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【開催報告】日本リトルリーグ野球協会東海連盟共同事業「からだ向上プロジェクトⅠ」

みなさんこんにちは。
ご報告が遅くなり申し訳ありません。
先日、日本リトルリーグ野球協会東海連盟との共同事業である「からだ向上プロジェクトⅠ」が
開催されました。
 「からだ向上プロジェクトⅠ」は、毎年秋に全リーグの指導者・保護者を対象に行うものです。
 内容の詳細は子供たちのケガを防ぐための基礎的な知識・技術を学ぶものです。
 
●開催概要
共催:リトルリーグ東海連盟、愛知県アスレティックトレーナー連絡協議会 
日時:2016年10月2日 
会場:スカイワードあさひ (尾張旭市)
対象:東海連盟全リーグ    28リーグ、指導者・保護者 110 人
プログラム:
①「東海連盟からのご挨拶」古田 強 (東海連盟理事長)
② 「からだ向上プロジェクト・野球肘 早期発見プロジェクト について」
  馬越 信行 (接骨院千寿堂)
③「からだの仕組みと姿勢 -体幹・上肢・下肢- 」
  大浦 徹男 (井戸田整形外科名駅スポーツクリニック)
④「成長期の特徴と代表的なケガ・障害 -体幹・上肢・下肢-」
  杉本 勝正 (名古屋スポーツクリニック)
⑤「野球におけるケガと障害の予防法 -体幹・上肢・下肢-」
  岸 武生 (ジェイプロジェクト硬式野球部トレーナー)
⑥「野球健康手帳」の活用法
からだ向上プロジェクトⅠ

 大浦先生からは、肩甲帯から股関節・足関節など主要な関節の動きと姿勢について、
杉本先生からは特に肩肘のケガについて関節鏡・エコーの写真をふんだんに用いてご説明していただきました。
岸先生からは、グラウンドで普段行っている実践的な動作指導についてビデオを用いてご紹介いただきました。
また、馬越先生からは「からだ向上プロジェクト」の意義や今期から始まる「野球肘早期発見プロジェクト」、
そして10月から使用を開始する「野球健康手帳(第2版)」の説明をしていただきました。
 参加された皆様は、久しぶりの秋空のもと、有意義な一日を過ごされておりました。

今年の活動も、新聞で取り上げられておりますので
こちらもぜひご一読してください!

平成28年10月3日中日新聞記事
平成28年10月3日毎日新聞記事
スポンサーサイト
  1. 2016/10/17(月) 11:59:27|
  2. 事業報告

【開催報告】女性交流会

みなさんこんにちは。

先日、当協議会会員の女性限定で交流会を開催しました。
今回は『女性』ということで、大名古屋ビルヂングにあるユルトというカフェレストランで開催しました。
お店の中は、ほとんど女性でした。

現在当協議会の女性会員数30名のところ、14名の会員にご参加いただきました。
初めて顔を合わせる会員同士もおり、それぞれの経歴や活動について紹介したり、
日常業務の中で困った点の相談や、今後女性としてどのような活動を行っていきたいのかなどを話し合い、
打ち解けた雰囲気の中で、約3時間半があっという間に過ぎてしまいました。

また、協議会では、運動部活動指導の工夫・改善支援事業やランナーズサポートなど、
多くの女性に活躍していただきたい事業が予定されているため、
気兼ねなく、参加いただけることにつながる会であったのではないかと感じました。

今回、残念ながらご参加いただけなかった女性会員の方も、
今後、他の事業でお会いできることを楽しみにしています。


IMG_3129.jpg


  1. 2016/07/04(月) 22:45:32|
  2. 事業報告

【開催報告】第8回アスレティックトレーナーズミーティング

第8回アスレティックトレーナーズミーティング
『競技スポーツチームにおけるアスレティックトレーナーの活動を考える』
日時:平成28年4月24日(日) 9:50~17:30
会場:中京大学名古屋キャンパス 清明ホール

●プログラム(敬称略)
 9:50~10:00 開会式
 10:00~11:00 活動報告
          「運動部活動指導の工夫・改善支援事業における活動」
             演者:岡戸 敦男(スポーツ医・科学研究所)
          「リトルリーグ東海連盟との共同事業-からだ向上プロジェクト-」
             演者:馬越 信行(接骨院千寿堂)
          「マラソンフェスティバル ナゴヤ・愛知(マラソンEXPO)におけるランナーズサポート」
             演者:金村 朋直(スポーツ医・科学研究所)
          「マラソンフェスティバル ナゴヤ・愛知における救護所トレーナー活動」
             演者:阿部 美由紀(T.S Serve Trainer Team)
 11:10~12:00 講演「競技スポーツチームにおけるアスレティックトレーナーの活動を考える」
             講師:濱野 武彦(トヨタ自動車ラグビー部)
 13:00~14:30 特別講演「競技スポーツチームにおけるメディカルスタッフの任務と役割」
             講師:高澤 祐治(順天堂大学医学部整形外科、ラグビーW杯2015日本代表チームドクター)
 14:40~16:40 事例提示「競技スポーツチームにおける私の活動-アスレティックトレーナーの活動に必要となる知識と技術-」
             演者:加藤 真吾(桜花学園高等学校バスケットボール部)
                 大串 悠香(春日丘高等学校ラグビー部)
                 水越 常之(東海理化硬式野球部)
                 神鳥 亮太(豊田自動織機ラグビー部)
 16:40~16:50 閉会式

平成28年4月24日(日)に第8回アスレティックトレーナーズミーティングが開催され、愛知県内外より196名の方々にご参加いただきました。

講演では、本大会のテーマに関する総論として、競技スポーツチームにおけるアスレティックトレーナーの現状や、チームの目標に応じた任務と役割について大会長よりお話しさせていただきました。

特別講演として、ラグビーワールドカップ2015日本代表チームドクターを務められた高澤祐治先生(順天堂大学医学部整形外科)にご講演いただき、日本ラグビー界に新たな歴史を作った代表チームにおけるメディカルスタッフの任務と役割についてお話しいただきました。

事例提示では、競技スポーツチームでアスレティックトレーナーとして活動している当会会員から、チームにおける具体的な取り組みについてご発表いただきました。その後のディスカッションでは外傷・障害予防やアスレティックリハビリテーションを中心として、活発な討議が行われました。

いずれのプログラムも、講師の先生方の熱のこもったご講演に加えて、会場からも活発な質疑がみられ、盛会のうちに無事に終了することができました。講師の先生方、ご参加いただいた皆様に、心より感謝申し上げます。

(第8回アスレティックトレーナーズミーティング大会長 濱野武彦)

準備委員長:大浦徹男
準備委員(以下、五十音順):青木雄哉、出田浩之、岩瀬優子、大見卓司、大村理子、金澤 毅、久野正和、
                  倉持梨恵子、新谷朋香、墨田智紀、武山修、所澄人、長尾茉珠、南里重章、
                  東千夏、松沢恵美、松田恵美、水田洋平、宮下侑希、村田祐樹、山田圭介

●参加者の感想
 今回のトレーナーズミーティングは『競技スポーツチームにおけるアスレティックトレーナーの活動を考える』というテーマのもと開催され、日頃競技スポーツに関わる身として多くの学びを得ることが出来ました。
高澤祐治先生のご講演ではラグビー日本代表のチームドクターとして、チームの目標を常に見据えたサポートを徹底されてきたことに感動するとともに、研究などの科学的根拠と現場経験の双方を大切にされている先生のバランス感覚に強く心打たれました。
 濱野先生のご講演からは競技スポーツにおける傷害予防をパフォーマンスの向上に絡めてチームスタッフにプレゼンテーションする能力の重要性を痛感しました。今回の会は、幅広く専門性の高い競技スポーツという分野においてアスレティックトレーナーが一人のスタッフとしてどのように振る舞うべきか、という点について深く考える機会になりました。今回の学びを日ごろの活動に活かし、多くのアスリートが安全かつ大胆にスポーツに参加出来る環境づくりに貢献できるよう精進して参ります。
(中京大学大学院体育学研究科 健康科学系修士2年 徳武 岳)

 私は、医療現場にてスポーツ選手の競技復帰に向けたリハビリテーションやリコンディニングに携わっています。競技スポーツでの現場を十分に把握できておらず、競技復帰に対して十分な対応できていないと改めて実感しました。競技復帰には、競技特性に合わせた段階的なリハビリテーションが必要になります。しかし、現状では疼痛の消失が最優先になり再発予防やフィールドでのスポーツ動作の獲得が不十分と感じています。
特別公演にて高澤先生から「現場に出向くことが必要」と聞き、医療現場だけでなくスポーツ現場での対応がとても大切と感じました。現在の医療現場では、すべての患者様に対してスポーツ現場で活動することは難しいですが、スポーツ現場で活動されているアスレティックトレーナーと協力し、スポーツ選手が「希望」を持てる対応をしたいと深く感じました。
今回このような会に参加する意味と大切さを再認識いたしました。
(はなみずき整形外科スポーツクリニック リハビリテーション科 林昌輝)

ATM8岡戸先生ATM8馬越先生ATM8金村先生ATM8阿部先生ATM8濱野先生ATM8高澤先生


ATM8事例提示




  1. 2016/05/09(月) 12:19:24|
  2. 事業報告

【開催報告】日本リトルリーグ野球協会東海連盟共同事業「からだ向上プロジェクトⅡ」

みなさんこんにちは。
当協議会では、日本リトルリーグ野球協会東海連盟との共同事業を行っております。

先日、平成28年1月17日(日曜日)、スカイワードあさひ (尾張旭市)において、
日本リトルリーグ野球協会東海連盟に対する「からだ向上プロジェクトⅡ」(*通算第18回)を開催いたしました。
この活動は、「選手の健康と安全を守るため」のもので、今回は実技を中心に行いました。
指導は1リーグの選手と指導者・保護者に対して行い、
他のリーグはその周囲から講義に参加していただきました。
具体的な質問が多く出され、大変有意義な一日となりました。

CIMG1102.jpg

CIMG1106.jpg



●プログラム *講師の敬称は、省略させていただきます。
① 東海連盟からのご挨拶
   古田 強   (東海連盟理事長)
② 「からだ向上プロジェクトの意義と活用」
   馬越 信行 (接骨院千寿堂)
③ 「ウォーミングアップ・クールダウンの指導」 
   若尾 達壮 (専門学校トライデント)
   小嶋 昭喜 (メディカル・フィットネスクラブ ラピス)
④「健康セルフチェックの指導」
   水越 常之 (東海理化硬式野球部)
   佐藤 真樹 (スポーツ医・科学研究所)
⑤「野球健康手帳活用の指導」
   水田 洋平 (伊藤整形外科)
   出田 浩之 (伊藤整形外科)
 ⑥質疑応答、事例相談 

今回のプロジェクトが、中日新聞と毎日新聞に掲載されましたのでこちらもぜひ読んでみてください。

中日新聞記事2016.1.18
毎日新聞記事2016.1.20

  1. 2016/01/19(火) 14:20:49|
  2. 事業報告

【開催報告】第7回研修会

第7回研修会
「女性アスリートにおけるメディカル&コンディショニングサポート」
日時:平成27年11月29日(日)9:50~16:10
会場:中京大学名古屋キャンパス センタービル0603教室
●プログラム(敬称略)
9:20~      受付
9:50~10:00  開会式
10:00~10:30 情報提供(30分)
         「愛知県アスレティックトレーナー連絡協議会の活動 ―今後の活動計画―」
          演者:小林 寛和(当会会長.日本福祉大学健康科学部)
10:40~12:10 基調講演(90分) 
         「女性アスリートのからだと医学的サポート」
          講師:能瀬 さやか(国立スポーツ科学センターメディカルセンター) 
13:10~14:30 話題提供(70分) 
         「女性アスリートへのコーチングの視点」                      
          話題提供者:今井 美希(至学館大学健康科学研究所)陸上競技部コーチ     
                          シドニーオリンピック日本代表
                          日本選手権6度制覇、走高跳の日本記録保持者
                  杉浦 裕司(東海学園大学スポーツ健康科学部) 女子バスケットボール部監督
                          前名古屋市立若水中学校女子バスケットボール部監督
                          前U15女子日本代表チームヘッドコーチ
                          全国中学校体育大会6度制覇    
14:40~16:00 事例提示(80分) 
         「女性アスリートへのトレーナーサポート -競技種目特性と身体的特徴を踏まえての注意点-」 
          演者:阿部 美由紀(T.S Serve Trainer Team)      陸上長距離における月経異常と疲労骨折
              岡村 幸枝(スポーツ医・科学研究所)       審美系競技における腰痛症
              北岡 さなえ(高岡市民病院)             ラグビーにおけるコンタクト損傷   
              松沢 恵美(愛知商業高等学校ハンドボール部) ハンドボールにおける膝前十字靱帯損傷 

 平成27年11月29日(日)、愛知県名古屋市の中京大学名古屋キャンパスにて、第7回研修会を開催しました。愛知県を中心に、会員、非会員(コメディカル関係者、トレーナー、スポーツ指導者、栄養士など)、学生など、181名の方々にご参加いただきました。
研修会のテーマは「女性アスリートにおけるメディカル&コンディショニングサポート」とし、医学的サポート、コーチング、トレーナーサポートの内容を、各分野でご活躍をされている先生方を講師にお招きし、ご講演をいただきました。
 基調講演として、能瀬さやか先生(国立スポーツ科学センターメディカルセンター)には、「女性アスリートのからだと医学的サポート」についてお話頂きました。月経異常を中心とした女性アスリート特有の問題について、パフォーマンス・コンディションへの影響や、その対応策について、具体例を挙げながらご提示して頂きました。
 話題提供として、今井美希先生(至学館大学健康科学研究所、陸上競技部跳躍コーチ)と杉浦裕司先生(東海学園大学区スポーツ健康科学部、女子バスケットボール部監督)に、「女性アスリートへのコーチングの視点」についてお話頂きました。今井先生は、ご自身がトップアスリートであったご経験をもとに、自立したアスリートを育てるための考え方を、杉浦先生は、全国中学校体育大会6度制覇のご経験をもとに、夢を持ち目標を掲げで継続することが重要であることを、熱心にお伝えしてくださいました。ご両名ともに、選手と信頼関係を構築することが大切であることをお話されていました。
 そして、事例提示として会員である4名の先生方に、「女性アスリートへのトレーナーサポート―競技種目特性と身体的特徴を踏まえての注意点―」について、お話頂きました。阿部美由紀先生(T.S Serve Trainer Team)には陸上長距離における月経異常と疲労骨折、岡村幸枝先生(スポーツ医・科学研究所)には審美系競技における腰痛症、北岡さなえには(高岡市民病院)にはラグビーにおけるコンタクト損傷、松沢恵美先生(愛知商業高等学校ハンドボール部)にはハンドボールにおける膝前十字靱帯損傷について、貴重な情報を具体的にご提示され、ご発表頂きました。
 いずれのプログラムにおいても、会場からの質疑が活発で、大変活気ある会となり、盛会のうち無事に終了することができました。貴重なご講演を頂いた講師の先生方、そして参加者の皆様には心より感謝申し上げます。
 今回、当会会長より情報提供として当会の今後の活動計画についてお話をさせていただきましたが、今後とも当会の活動にご理解とご協力を頂けますようお願い申し上げます。                                (第7回研修会 平野佳代子)
準備委員長:大串悠香
準備委員(以下、五十音順):大浦徹男、大村理子、加藤悦子、倉持梨恵子、後藤優子、南里重章
原川昌樹、二神沙知子、舩戸未央、松田恵美、水谷将     

●参加者の感想
 今回、第7回研修会に参加させていただき、大変有意義な時間を過ごすことができました。学校でも「女性アスリートについて」の授業がありましたが、更に深く勉強することができました。
 女性アスリート特有の問題は、とてもプライベートなもので、アスリート自身が誰にも相談できずにいるケースがあります。私自身は男性ですので、女性のからだは未知な部分が多いのですが、今後トレーナーとして現場に出たときに、多くの知識が必要であることを痛切に感じました。アスリートが現役中はもちろんのこと、引退後に生活をしていくための「からだ」を考えることも、トレーナーの役割の1つであると思いました。
 今回の研修会では、全ての講義を通じて、トレーナーの関わり方を教えて頂いたように思います。これからの学校生活に、この経験を還元して、より深く考え、学んでいきます。
 本当にありがとうございました。
       (トライデントスポーツ医療看護専門学校 プロフェッショナルトレーナー学科 アスレティックトレーナー専攻2年 伊藤雄)

今回の研修会は、『女性アスリートのからだと医学的サポート』をテーマとした講演、そしてスポーツ界を牽引する先生方のコーチング論 等、多岐にわたって興味深いお話を聞き充実した一日になりました。
 能瀬さやか先生の講演では、女性アスリートにとって月経のコントロールがいかに大切であるか認識する事が出来ました。私自身、選手時代を振り返るチャンスとなり、現在指導にあたっている選手には勉強を積み重ねて伝えて行かなければと感じました。
 また、指導の難しさを痛感する日々、今井美希先生からは選手との心のつながりの重要性を再確認し、杉浦裕司先生の長年携わって来られた胸に迫るお言葉の数々、指導の奥深さを感じ自然と目頭が熱くなりました。
今回の貴重な時間に感謝し、今後も日々精進して参ります。                  (みなみ新体操クラブ 講師 森川尚美)


能瀬さやか先生 話題提供


北岡先生 松沢先生 阿部先生
  1. 2015/12/14(月) 20:29:12|
  2. 事業報告
次のページ

プロフィール

AichAT

Author:AichAT
愛知県アスレティックトレーナー連絡協議会
公式 ブログ

最新記事

カテゴリ

アスレティックトレーナーとは (1)
役員紹介 (1)
当会のあゆみ (7)
事業案内 (15)
事業報告 (11)
アスレティックトレーナーの活動報告 (3)
コラム (1)
問い合わせ先 (3)
役員専用ページ (3)

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。